英語

英語の現在時制の用法に習慣的行動も未来を表す現在時制もない!あるのは「現在の状態」だけ

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「金が物を言う―現在形」を読了。 内容は、英語の現在形について。 英語の現在時制の用法は、意外に多い。「習慣的行動」、「現在の状態」、「一般的な事実や真理」、「未来を表す現在時制」などである。 しかし、…

expectは「期待する」という意味ではない?英語のexpectの基本的ニュアンスと意外な使い方

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』(岩波新書)のP101~112を読了。 アメリカの古典映画『カサブランカ』の台詞を一部取り上げて解説している。 ショップの名作映画コーナーでよくDVDで売られているが、見たことはない。恋愛もののようだが、…

「レポートを出す」は英語でsubmit the reportではない?アングロサクソン系とラテン系の英語の特徴がわかりやすく解説された『続 日本人の英語』

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「大和言葉のやわらかさ―副詞」を読了。 内容は主に、英語表現の硬さやわらかさについて書かれている。 初めて知ったのだが、英語にはアングロサクソン系とラテン系のものがあるそうだ。 アングロサクソン系の英語…

work at, work in, work forの意味と違いが、前置詞の観点から超わかりやすく簡単に解説された『続 日本人の英語』

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「橋の下よりほととぎす―前置詞」のパートを読了。 面白いと思ったのは、work at, work in, work forのそれぞれの違いの解説。 何となくの感覚的理解で済ましている基本表現を、言葉で丁寧に説明されると新鮮であ…

英語で、ある名詞の一般論を述べるとき、単数形、定冠詞、複数形とでそれぞれどんなニュアンスの違いがあるのか?

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「ペンは剣よりも強し―名詞の一般用法」を読了。 このパートを読んで長年のモヤモヤがだいぶ解消した気がする。そのモヤモヤとは、英語で、ある事物について一般論を述べるとき、どう表現するかという問題である。…

my, his, herなどの人称代名詞の所有格に定冠詞theと同じような機能があるという日本人の盲点を気づかせる『続 日本人の英語』

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「あの人を忘れたい―単数形と複数形」のパートを読了。 話すときや書くとき、日本語では、主語や数を明言せず、具体性を避けがちである。 一方、英語の場合は、主語はもちろん、単数か複数かもはっきりさせる傾向…

天ぷらは英語でtempura、実はこれ不可算名詞!可算と不可算の見分け方のポイントを紹介。

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「七人の侍―可算名詞と不可算名詞」のパートを読了。 前半は外来語となった日本語の紹介で、後半は名詞の可算と不可算の使い分けについて解説されている。 tempuraは数えられない 数の意識が比較的おおらかな日本…

同じ「日本人」と訳されるthe JapaneseとJapanese peopleの違いが超わかりやすく簡単に解説された『続 日本人の英語』

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』の「スペインの雨―定冠詞 the」のパートを読了。 theの理解は、日本人には難しい。が、少なくともその基本は比較的わかりやすい。 theが使われる前提としてあるのは、「the+名詞」によって、お互い(話し手と聞き手…

meanの受動態be meant forやbe meant to beの隠れ主語は神?その意味と使い方をマスター

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』P1~12を読了。 前半部分は、「えらい」という日本語について。 「えらい」は日本のある種の価値観が基礎にある表現なので、英語に置き換えるのはなかなか難しいというお話。同様に、「悔しい」も翻訳の難しい日…

口語でforは使わない?原因や理由を意味するbecause,since,for,asにどんな違いがあるのか?超わかりやすく解説された『日本人の英語』

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート20の内の19を読了。 パート19は、因果関係を表す接続詞について。 soは口語的 「だから」という意味のsoから解説が始まっているが、これはだいたい想像していた通りの内容。口語的で接続詞の普段着のイメ…

accordinglyとconsequentlyの意味と使い方、違いが超わかりやすく簡単に解説された『日本人の英語』

マーク・ピーターセン『日本人の英語』パート20の内の18を読了。 パート18は、accordinglyとconsequentlyの使い方について。 この2つの英単語は、やや堅い書き言葉なのでとっつきにくいが、英検1級の英作文では使える。だから、単なる英語学習者でも…

英語のespeciallyは文頭に出したらアウト?その意味と使い方が例文とともにわかりやすく解説された『日本人の英語』

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート20の内の17を読了。 パート17は、副詞について。 特に、especiallyについての解説が面白かった。 この語は、「特に、とりわけ」という意味の基本単語の1つである。しかし、日本語の「特に、とりわけ」と…

英文を簡潔に書くコツは受動態より能動態を使うこと?『日本人の英語』の華麗な英作文テクニックを紹介

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート20の内のパート16を読了。 パート16は、受動態と能動態について。 主に、日本人の英語の学術論文に多い受身表現の、問題点について述べられている。受身表現を使うと、表現として弱腰に見えたり、責任回…

関係代名詞の先行詞が離れる場合に生じる問題について超わかりやすく簡単に解説された『日本人の英語』

マーク・ピーターセン『日本人の英語』のパート20のうちの15を読了。 パート15は、関係節の先行詞について。 具体的には、文の内容が示していると思われる先行詞と、文法上の先行詞の不一致の問題について解説している。 そうした問題の例として、以下…

関係代名詞の制限用法と非制限用法がスゴい例文で超わかりやすく簡単に解説された『日本人の英語』

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート20の内の14を読了。 パート14は、関係代名詞の制限用法と非制限用法について。 制限用法と非制限用法は、文章では一見コンマの有無の違いだけだが、その意味には大きな違いがある。 それは本書で挙げられ…

未来完了と未来完了進行形の違いが図で超わかりやすく簡単に解説された『日本人の英語』byマーク・ピーターセン

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート20のうちのパート13を読了。 パート13は、英語の未来完了と未来完了進行形について。 未来完了の意味 未来完了は、will+have+過去分詞で表す。 一見ややこしそうだが、現在完了の時点が未来に移ったも…

過去形、現在完了形、過去完了形の違いは、起点や終点を意識すればわかりやすく簡単に理解できる

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート20のうちのパート12を読了。 パート12は、英語の時制について。 英語の時制表現について何となくの理解で通してきたが、本文を読んで勉強になった。 パート12の後半部分では、以下の時制の違いについて…

get acrossなどの英語のイディオムの意味と覚え方をマスターするコツは副詞にあり

マーク・ピーターセン『日本人の英語』、パート10のうちの11を読了しました。 パート11の内容は、「動詞+副詞」のイディオムについてです。 辞書でgetやputを調べるとわかりますが、英語の「動詞+副詞」のイディオムは非常に多いです。get by, get o…

「~の」の英語が超わかりやすく解説された『日本人の英語』~「の」の英語を「上野動物園のパンダ」に学ぶ~

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』、パート20のうちの10を読み終わりました。 パート10は、日本語の「~の」にあたる英語表現についてです。主にofを中心に書かれています。個人的には、ofとその他の言い方との違いに関する部分が面白かったです…

clean outとclean offのoutとoffには意味があった!使い分けがわかりやすく解説された『日本人の英語』

『日本人の英語』、パート20のうちの9を読了しました。 9の内容は、前置詞のoutとoffの使い分けについてです。 前置詞のoutとoffは、記事タイトルのclean outとclean offのように、動詞とセットになっているのをよく見かけると思います。 動詞とセットに…

前置詞のinとonの使い分けが超わかりやすく簡単に解説された『日本人の英語』byマーク・ピーターセン

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』、パート20のうちの8を読了しました。 8は、前置詞のinとonについてです。 前置詞は、本来の感覚やイメージ(著者は「論理」と表現されますが)を知っておくとよいです。そうすれば、例えば、「あわてて、急いで…

前置詞のbyとwithの使い分けが超わかりやすく簡単に解説された『日本人の英語』byマーク・ピーターセン

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』(岩波新書)、パート20のうちの7を読了しました。 7の主な内容は、手段などを表す前置詞の使い分けです。 語学の勉強において丸暗記は有効な手段の1つですが、このパートでは文法の爪の甘い丸暗記による弊害を…

定冠詞のtheがつくときとつかないときの違いは名詞にはない理由を超わかりやすく解説

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』、パート20のうちの6を読了しました。 6は、定冠詞のtheの使用についてです。 どんな名詞もtheがつき得る 名詞だけをみて、それにtheがつくかどうかを考えるのはあまり意味がありません。というのも、条件が整っ…

冠詞のaとtheの使い方で母の友達の数が変わるという英語の「数の意識」の怖さ

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』を読んでいます。 パート20のうちの5を読了しました。 5の主な内容は、英語の「数の意識」についてです。 以前の記事で、不定冠詞のaはいくつかある同じようなもののうちの1つの感覚、定冠詞のtheはただ1つの感…

材料としての名詞は不可算名詞になるという英文法のポイントを超わかりやすく解説

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』を読んでいます。 20のパートのうち、4を読了しました。 伝わる内容に大きな差が生まれる可算と不可算 パート4は、名詞の可算、不可算についてです。 英語では、可算名詞とするか不可算名詞とするかで、伝わる内…

冠詞のaとtheの使い方で意味に思わぬ違いが生じる理由をわかりやすく解説

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』を読んでいます。1~20のパートの内、3を読了しました。 2では不定冠詞のaがテーマでしたが、3では定冠詞のtheが取り上げられています。 theの意味は「その」 theの使い方を身に付けるには、まずそれが日本語の…

不定冠詞aが名詞の意味を決めるというネイティブの発想をわかりやすく解説

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』を読んでいます。 1~20のパートの内、2を読了しました。 2では、日本人の苦手な不定冠詞aの使い方が解説されています。 不定冠詞のaは、割と感覚的に付けがちですが、付け方を間違えると、大変な誤解を生みます…

the USAになぜtheが付くのか?~theの知られざる意味に近づく~

英語学習書の名著として知られるマーク・ピーターセンの『日本人の英語』を読んでいます。 1~20の文章に分かれているのですが、まずは1を読了しました。 1はプロローグ的なもので、ゴリゴリの英語の解説にはまだ入りませんが、それでも面白く、得るも…

社会人が英語を勉強して人生一発逆転したいなら単語帳『ターゲット1900』がおすすめ

先日、一冊の英語の単語帳を買いました。 その名も『英単語ターゲット1900』というヤツです。大学受験生向けのものの中でも最も有名な単語帳の一冊(と、one of the most風に言ってみる)。いい年をして高校生向けのものを買うのはちょっと恥ずかしかっ…

英文解釈地下室~「もし私が鳥だったら」例文が生まれた悲しい背景~

If I were a bird, I would fly to you. もし私が鳥だったら、お前のもとに飛んでゆくのに 会社で鳥恐怖症の上司からパワハラを受けた男が、その日の夜につぶやいた言葉。 1. 発信型英語向け英文法書『表現のための実践ロイヤル英文法』 表現のための実践ロ…