缶ジュースで理解する混合比と比湿の違い【気象予報士試験対策】

スポンサーリンク

『イラスト図解 よくわかる気象学』で気象予報士試験の準備中。

今日は混合比と比湿について学習しました。

混合比とは?

混合比とは、空気中の水蒸気の質量とその水蒸気が取り除かれた空気(乾燥空気)の質量の比です。

空気中の水蒸気の質量:その水蒸気が取り除かれた空気の質量

単位はg/kgなので、空気中の水蒸気の質量が5gで、その水蒸気を取り除いた空気の質量が1kgなら、混合比は5g/kgとなります。

比湿とは? 

 比湿とは、空気中の水蒸気の質量とその空気(水蒸気込みなので湿潤空気)の質量の比です。

空気中の水蒸気の質量:その空気の質量

これも単位は、混合比と同じく、g/kgなので、空気中の水蒸気の質量が5gで、その空気の質量が1kgなら、比湿は5g/kgです。

缶ジュースのイメージで理解する混合比と比湿の違い

混合比と比湿の違いは、缶ジュースのイメージで理解すると簡単です。

缶ジュースの中身のジュースの質量が水蒸気の質量、空き缶の質量が乾燥空気の質量、中身ありの缶ジュースの質量が湿潤空気の質量とします。

缶ジュースの中身のジュースの質量=水蒸気の質量

空き缶の質量=乾燥空気の質量

中身ありの缶ジュースの質量=湿潤空気の質量

この場合、混合比は、

中身のジュースの質量:空き缶の質量

で、比湿は、

中身のジュースの質量:中身ありの缶ジュースの質量

です。

結局、水蒸気の質量を、水蒸気抜きの空気(乾燥空気)の質量と比べるか、水蒸気込みの空気(湿潤空気)の質量と比べるかの違いです。

付け加えておくと、この混合比と比湿は、空気の気圧や温度が変化しても保存されます。詳しくは『イラスト図解 よくわかる気象学』を参考にしてください。 

気象予報士試験のオンラインスクールの紹介 

気象予報士試験に合格されている中島俊夫氏が書かれた『イラスト図解 よくわかる気象学』を使って学習しています。漫画付きで、とてもわかりやすいです。

【オンスク.JP】 では、この著者による講座をパソコンやスマホで視聴することができます。興味のある方は、試してみてください。

※講師や講座内容は変更されることもあるかもしれないので、各自で内容を確認の上でお願いします。