根性による3ヶ国語学習者の日記

風通ふ 寝覚の袖の 春の香に 薫る枕の 春の夜の夢 ー『新古今和歌集』

とぼけるための韓国語「どこですか?」

スポンサーリンク

人間は弱い生き物。

長い人生の中で、四六時中、目の前のイヤな現実を認め続けるというのは、辛いですよね。そこで役立つのが、とぼけるというテクニック。

このテクニックをうまく使うことで、責任を回避しつつ、相手の戦意を失わせ、イヤな現実を回避していくことができるのです。

今日はそんな実用的なテクニック「おとぼけ」のための韓国語を紹介します。

とぼけるための韓国語「どこですか?」

어디예요?

オディエヨ

例えば、相手から「ちょっとティッシュとって」と言われた時。

ティッシュは自分の真横にあるし、それをとってあげることなんかどうってことないけれど、とってやりたくない時ってありますよね。

そう言う時に便利なヒトコトです。

相手がしつこい場合「わからないですね」 

とってやりたくないから「どこですか」って言ってるのに、丁寧に場所を示してくれることがあります。そうすると「どこですか」は使えません。そんな時、使えるのが「わからないですね」。

모르겠어요.

モルゲッソヨ 

わからないですね。

人たるもの、それぞれ理解力にも限界というものがあります。教えられても、わからないものは仕方がありませんよね。

はい、これでイヤな現実が回避できました!

戦わずして勝つ、これが面倒の多い人生を少しでも楽にする秘訣です。

どんどん活用していきましょう〜

それでは。