根性による3ヶ国語学習者の日記

"Every passing minute is another chance to turn it all around" ー "Vanilla Sky"

ネット教材をフル活用した節約ロシア語勉強法。

スポンサーリンク

ロシア語を始めてしばらく経ちましたが、だいぶロシア語との距離が縮まってきました。ロシア発の動画を観ても聴き取れる単語が増えてきました。ドラマだとところどころ意味も理解でき、語学学習でもハネムーン的な時期ですね。

しかも全然お金がかかってないです。

買ったのは文法書と辞書、それぞれ一冊ずつのみ。

単語は、ネットで覚えます。

音声付きのもの多く非常におすすめなので、今日はそれらを紹介しますね。勉強法もちょこちょこっと。

便利なロシア語YouTube動画

Learn the Top 25 Must-Know Russian Verbs! - YouTube

基本的な英語はできる必要がありますが、この動画シリーズは要チェックです。超速大量暗記型の硬派な人にはやや生ぬるいかもしれませんが、ゆっくり楽しく学びたい人にはグッド。明るい気分になれる動画です。

Lets Learn Russian! Past Tense of Russian Verbs. Lesson 01 - YouTube

こちらはロシア語単語とその活用を中心とした動画です。活用を一つ一つ丁寧に発音してくれるのはありがたいです。あまり頭で硬く考えず、何度も口に出して真似しましょう。

Learn Russian: Trip. - YouTube

シンプルに単語やフレーズをお口どアップで発音してくれる動画。細かい説明はないですが、そこがいいです。頭をからっぽにしてひたすら真似ます。文法は後からどうとでもなるのです。初級で大事なのはロシア語の音を身体に染み込ませること。

ハイクオリティーロシア語学習サイト

無料で利用できるのが不思議なくらい高品質な学習サイトもあります。

語彙 :: ロシア語

ここではロシア語の基本的な語彙やフレーズが学べます。綺麗な発音が一緒に用意されているのがとにかく嬉しい。

ロシア語語彙モジュール

東京外国語大学さんの語学学習サイト。こちらも文字だけでなく、ハイクオリティーな発音が付されている点で、他のサイトと一線を画します。

その他語彙増強法

ちょっと変わった個人的なやり方ですが、他に行なっている単語学習法を紹介します。

まず気になる表現を適当に思い浮かべます。例えば、「楽しい」とか「怖い」とか、お皿を洗った直後とかだと「お皿」とか「洗う」がいいですね。とにかくその場でぱっと思い付く表現です。そしてそれのロシア語を検索します。

「お皿 ロシア語」みたいな感じで、ググります。

そうすると「お皿」のロシア語がわかるので、それをクリック&コピーします。

そのコピーしたロシア語単語を、

発音ガイド Forvo で世界のあらゆる言語をネイティブの発音で学ぶ

で検索。そうするとその単語の発音が聞けるので、それを聞き、何回か自分でも発音を真似ます。

こうやって気になる単語をコピー、そして発音確認サイトに移動して覚える・・・この繰り返しです。単語を探していると、ずらーと関連語彙なんかも並んでいることが多いので、ついでに他の単語も覚えていく、ということもします。

ポイントは、あまり1単語にこだわり続けないことですね。数回発音したら次、数回発音して次、というふうにわんこそばのように短くてきぱきこなしていきます。これを習慣的に続けていると、いつのまにか語彙力が大幅にアップ。

以前検索したものでも忘れているなら、何度も挑戦。

上の発音ガイドForvoに発音が登録されていない時は、「(単語) wiktionary」で検索。wiktionaryも発音が付されていることが多いです。

自分はこのやり方で毎日数十〜百単語くらい発音しています。日課のラジオ体操みたいなものですね。

文法書と辞書くらいは買った方がいいかも。

今のところ以下を活用中。複雑なロシア語文法を扱っているのに、すっきりよみやすい構成になっています。

NHK出版 これならわかる ロシア語文法 入門から上級まで

NHK出版 これならわかる ロシア語文法 入門から上級まで

 

辞書に関してはこちら↓ロシア語のプロを目指すのではない限り、これ一冊で上級まで学習が進められるはず。

博友社ロシア語辞典

博友社ロシア語辞典

 

以上、今日は個人的なロシア語の学習法を紹介してみました。できる限り節約して勉強したい方は参考にしてみてください。