根性による3ヶ国語学習者の日記

"Every passing minute is another chance to turn it all around" ー "Vanilla Sky" 

政策系学部のレポートや試験に役立つ公務員試験向けの1冊〜政策系学部って何を学ぶ?〜

スポンサーリンク

今日は、政策系学部の学生が持ってると便利な1冊を紹介します。

なぜ政策系学部って言うかというと、政策という名の付く学部がけっこうあるからですね。総合政策学部やら政策学部やら、その他〜(なんちゃらうんちゃら)政策学部などなど・・・正直どんな違いがあるのか僕にもよくわかりません。AKB48とかSKE48みたいな、一種のシリーズもんみたいなものでしょうか。

で、政策系学部ではどんなことを学ぶかと言うと、実は現に在籍している学生にもよく理解できていないんじゃないかと思います。「政策系学部って何学ぶの?」って聞かれた時には、「無国籍料理ってどんなの?」と聞かれた時のような当惑を覚えるんではないかと。いや、無国籍料理は無国籍料理・・・としか言えないぞ、みたいな。多少心優しい人なら、「えー、なんか色々です、色々」と言うかもしれません。もっと心優しくて親切な人なら、「色々学びますよー、政治とか経済とか色々ですー」みたいな。「んまー、楽しいですー」。

実際は、その「色々」に一種の統一性や秩序を与えるような意味付けというか、見方というか、そういうものが存在するはずなんですが、そして大学の先生たちもそういうものを説明しているはずなんですが、はっきり言ってそれもよく理解できないんですよね。笑うポイントのわからない漫才を見ているような感じなんです。

でもある見方をすると、一気にすとんと腑に落ちます。政策系学部は、

公務員試験予備校です。

 大学なので、普通の予備校よりは少しお高くとまった公務員試験予備校ですね。たぶん専門家的にはこういう説明はダメダメでしょうけど、細かいところはどうでもいいと思ってる一般の人向けへの説明としては簡潔で、かなり理解しやすいのではないでしょうか。高校生にも、「あー、公務員試験予備校かー、別に公務員には興味ないからいいや」みたいに、学部選びの判断基準にしやすいと思いますし。

で、なんでこんなことを言うかというと、実際、政策系の学部での勉強は公務員試験の内容ともろかぶりなんですね。政治学、行政学、経済学、法律、国際関係・・・全部公務員試験で必要になる知識です。まぁ政策って一般的には公務員が立案するものですし、こうなるのも全然不思議ではないですが。

 政策系学部って公務員試験予備校や!って、体験的に悟ったのは、試験やレポートをこなした時です。僕は当時、将来の進路として公務員を選択肢の一つとして入れていて、それでまあ一応早めに準備を、ということで、大学1年生の時に公務員試験用のテキストを1冊買いました。ぼちぼち進めていけばいいかな、と。

その時買ったのが、これですね↓(僕が買ったのは旧版です)

公務員試験 行政5科目まるごとパスワード neo

公務員試験 行政5科目まるごとパスワード neo

 

でも、まあ根が面倒くさがり屋、後回し屋なんで、そのままほったらかしにしていたんですが、試験やレポートの時になって気づいたんですね。

めっちゃ役に立つやんけ、この本。

授業で出てきた話がじゃんじゃん載っているわけです。授業では、行政学や政治学に関する有名な学者の理論がいくつも紹介されるんですが、そういうのが全部(とは言わずともけっこう)この本に普通に掲載されているわけです。

学部での学びを掌中に収めた、と悟った瞬間でした。

ま、実際これ1冊で楽々卒業とまではいきませんが、でもこの本を利用して試験やレポートをニコニコと処理できたことは何度もありました。

例えば、政治学の試験前には、この本の政治学のパートを開いてみます。そしたら、「あー、これ授業でなんか説明してたなー」みたいなのがあると思います。それを暗記しておきます。ポイントを押さえた簡潔な説明になっているのですぐに覚えられます。

そしたら試験でその知識がどんぴしゃりと問われるわけです。「〜理論を説明しなさい」というような感じで。実際はこんな直接的な問われ方はされないかもしれませんが、結局試されているのは、その理論を知っているかどうかだったりします。

で、その理論のポイントはしっかり頭に入っているので、さらさらっと適当に肉付けしながら、書けばそれでOK。ただそれだけでB判定を頂きました。

公務員を目指している学生にとったら、公務員試験対策にもなって・・・、いや、たぶんここは公務員試験予備校なんだ、と思いました。

上の本は、法律科目には対応できないので、それはまた別に用意するといいですね。それもやっぱり公務員試験向けのテキストや問題集がいいと思います。大学で紹介される書籍は、高くて、冗長で、わかりにくくて、よくないことが多いですね。わかりやすさとか、親切心とかでは、公務員試験や資格試験用の本が断然に優れています。(あるいは優れていることが多いです)

 行政法

大学での行政法の授業は、よくわからなくて、冗長で、眠たくて、最悪だった。これだと話が早い。よくわかる。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 行政法

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 行政法

 

 憲法

憲法は授業とらなかったけど、まあ、行政法と同じようなもんでしょっ(投げやり)

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 憲法

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 憲法

 

 民法

知ってるといつか役立ちそうで普通に面白い。わざわざ教室に解説を聴きに行く意味もよくわからない。釈迦の説法を生で聴くみたいなもんか・・・

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 民法1一総則・物権・担保物権

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 民法1一総則・物権・担保物権

 

 

公務員や行政書士になりたい人は、ゼッタイ?政策系学部だと思う。

無駄がない(笑)

 

yaseteru.hatenablog.com