根性による3ヶ国語学習者の日記

"Every passing minute is another chance to turn it all around" ー "Vanilla Sky" 

「韓国語を教えてください」を韓国語でどう言う?

スポンサーリンク

「韓国語を教えてください」を韓国語でどう言う?

「韓国語を教えてください」を韓国語で한국어를 가르쳐 주세요と言います。

한국어를 가르쳐 주세요. ハングゴルル カルチョ ジュセヨ

韓国語を教えてください。

한국어で「韓国語」。

「教える」は가르치다(カルチダ)と言います。

가르쳐 주세요の成り立ちはというと、가르치다に「〜してください」という「依頼」を表す「〜아 / 어 주세요」が組み合わさったものです。

가르치다+어 주세요

가르치다の다が取れて語幹だけになり、それに어 주세요が合体・・・

→가르쳐 주세요.  カルチョ ジュセヨ

 となります。

가르치다の主な変化形を挙げておきます。

가르칩니다 カルチムニダ 教えます(丁寧形)
가르쳐요 カルチョヨ 教えます(打ち解け丁寧形)
가르쳤습니다 カルチョッスムニダ 教えました(丁寧形)
가르쳤어요 カルチョッソヨ 教えました(打ち解け丁寧形)
가르쳐서 カルチョソ 教えて、教えるので(原因・理由)
가르치고 カルチゴ 教えて(並列)
가르치면 カルチミョン 教えれば
가르치지만 カルチジマン 教えるけれど

「日本語を教えてあげます」を韓国語でどう言う?

「日本語を教えてあげます」を韓国語で일본어를 가르쳐 드릴게요と言います。

일본어를 가르쳐 드릴게요. イルボノルル カルチョ ドゥリルッケヨ

日本語を教えてあげます。

가르쳐 드릴게요の成り立ちは、少し複雑。

「教える」の「가르치다」と、「差し上げる」という意味の「아 / 어 드리다(トゥリダ)」、そして「〜します、〜しますよ」という風に話し手の「意思」を表す「~ ㄹ / 을 게요」の三つが組み合わさってできています。

가르치다の다が取れて語幹だけになり、それに어 드리다が合体。そして어 드리다の다も取れてㄹ게요が合体します。結果、

가르쳐 드릴게요. カルチョ ドゥリルッケヨ

と、なるわけです。

で、ここでふと思うわけです。韓国語って、日本語と似ててかんたーん、とよく言われるけれど、いやむしろ難しいぞ、日本語に似てるからこそ難しいぞ・・・と。

 「友達に教えてもらいました」を韓国語でどう言う?

「友達に教えてもらいました」を韓国語で친구가 가르쳐 주었어요と言います。

친구가 가르쳐 주었어요. チングガ カルチョ ジュオッソヨ

友達に教えてもらいました。

 日本語の「〜〜してもらいました」を韓国語で言いたい場合は、「〜〜してくれました」と頭の中で変換しましょう。

「~してあげる/~してくれる」はどちらも「아/어 주다 」で表します。주다が過去形の打ち解け丁寧形に変わって、주었어요となっています。

 最後に関連表現をまとめておきます。

関連表現まとめ

・한국어를 잘 못해요. ハングゴルル チャル モッテヨ

 韓国語が苦手です。

 →「~를/을 잘 못+動詞」で「~が苦手だ」。

 

・듣기(トゥッキ)・・・聞き取り

 

・한국어 회화(ハングゴ フェファ)・・・韓国語会話

 

・이메일 주소를 가르쳐 주세요. 

 イメイル ジュソルル カルチョ ジュセヨ 

 Eメールアドレスを教えてください。

 →메일주소(メイルジュソ)で「メールアドレス」

 

・아이디를 가르쳐 주세요. アイディルル カルチョ ジュセヨ

 IDを教えてください。