読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEICを受ける前にすべきだったこと。

英語

スポンサーリンク

 

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 ↑↑↑模擬問題オヌヌメ。これで時間配分考える。

 

 TOEIC・・・受けてきました。

 

正直、ヤラレター!という感じです。最後の20問、解けなかったですからね、20問。時間、足らなかったです。

 

前回受けた時も(825点)やはりすべて解ききれなかったんですけど、それでも5問くらい。今回の敗因は、前回と違い試験前に模擬問題集を解いて、時間配分の感覚を身につけておくことを怠ったこと。これは間違いないと思います。自戒も含めて、これからTOEICを受けようと思っている方に、アドバイスというか、人生で初めてのデートでイカスミスパゲティを注文して失敗した女子高生が、同じく人生で初めてのデートに臨もうとしている友人に注意喚起するような軽い感じで、TOEICの特徴と注意事項をここに記そうと思います。

 

  • TOEICに出てくる英文は比較的やさしく、問題自体も素直

リーディングに限って言うと、TOEICの問題自体はやさしいです。もちろん、問題の難易度なんて、人によって変わるので、基準を設けてみると、「大学受験で英語を結構本気で勉強したことのある人」にとってはやさしいです。具体的には、関関同立やMARCHあたりの英語の問題を大量に解いた経験がある、という方。そういう人にとってはTOEICの英文はそれほど敷居の高いものではないですし、設問も平易に感じると思います。ただ・・・ただただただただ・・・・

 

  • 与えられた時間の割にものすごく問題の量が多い

これです。とにかく問題の量が多くて、じっくり問題を解いていくということができない。わんこそばのように、ホイっ、パクッ、ホイっ、パクッ、ホイっ、パクッ・・・というような感じで、機械のように、無慈悲に、処理していかなければならない。ひたすら真顔です。そういう意味でTOEICの問題を解くという作業は全然面白くないです、はい。

 

  • 無慈悲になれなければ・・・

 マークシートの最後の10問〜20問くらい、適当に「ぬりぬり」することになります(俗に言う塗り絵)。これは「無慈悲になれないやつは、お家に帰ってママと塗り絵でもしてな」というTOEIC団体からの皮肉のメッセージなのでしょうか(んなわけない)。

 

「またまたー。塗り絵になるって言っても、せいぜい数問くらいでしょ。10問とかww」と、思われる方もいるかもしれません。

 

 

TOEIC舐めんな!!

 

 

(゚o゚;) ハッ!「ご、ごめんなさい、つい・・・。ほんとにそんなつもりじゃ・・・」

 

 

くだらない一人芝居は置いといて・・・、はい、とにかく量と時間に気をつけてください、ということなんです。量と時間に気をつけるというのはどういうことかというと、「試験前に模擬問題集を解いて、どれくらいのスピードで解いていけばいいのか、あるいはそれぞれの問題パートにどれくらいの時間を配分してやればいいのか」、そういうことについて感覚を得ておくということです。

 

 

ま、ま、偉そうなことを書きましたが、これも自戒も含めて、これからTOEICを受けようと思っている方に、人生で初めてのデートでイカスミスパゲティを注文して失敗した女子高生が、同じく人生で初めてのデートに臨もうとしている友人に注意喚起するような軽い感じで書いているだけですので・・・「んなもんしるかっ、わいは(あっしは)自分のやり方でいくんや」という方は、全然それで構いませんので・・・

 

それではこれで。ごめんあそばせ。

 

 TOEICの文法問題、これだけでOK↓オヌヌメ

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問